投稿

奥の谷のNICE週末キャンプ 2022.06

イメージ
  2022年6月18日~19日 NICE週末キャンプと職員合宿(17日~21日)が実施されて19日午前中は合同里山保全活動が開催された。久しぶりの大人数で、本年より管理を開始する雑木林(土井林)のコドラートの植生調査と散策路開拓を実施いたしました。その状況の一部を紹介いたします。  2022.06.19  撮影 階段の材料を背負い運搬。 急斜面に階段作り。 コドラートの植生調査。 尾根筋がまじかなので一時休息。 雑木林の尾根まで幅2m位、笹等低木刈込の散策路を開拓、尾根に到着。 長文最後まで見ていただきありがとうございました。 なお、個人の写真公開は了解を得ております。    2022.06.21 kusu

奥の谷で巨木が河内ふるさとのみちをふさぐ。

イメージ
  2022年5月27日、当日は天候も良く午前中は何の変化も無く里山の拠点奥の谷(みかん小屋)で作業をしていた、午後2時頃、通行人から巨木が倒れていて道が通れないと連絡を受けたので、現場を見に行くと直径40㎝程の巨木コナラが河内ふるさとのみちをふさぎ、生き物池の柵を壊して大変な状態になっていた,人身傷害が無かっただけでも良かったと思う。とりあえず散策路だけでも通行ができるようにと、チエンソーを2台持ち出し、巨木の為に切り込む所から慎重に考えながら約2時間程掛けて玉切りを行い通行路を確保で来た、後は、裁断した倒木処理と壊れた柵の補修工事を行った。その様子の一部を紹介いたします。 2022.05.27/06.06・06.08・06.09  撮影 巨木が倒木した直後の現場。 倒木した巨木(コナラ)の根っこ部分。 立ち枯れしていた巨木の根っこ部分。 長さ8m位の金網柵も曲がってしまい、一からやり直し。 やり直しした金柵に竹で装飾した、シュロ縄で結ぶので手が痛かった。 壊れた柵を放置すればイノシシが荒らすので、約二週間掛けて緊急修理完了。 長文最後まで見ていただきありがとうございました。 2022.06.21 kusu

奥の谷で親子連れ一般参加者の田植えが開催 2022

イメージ
  2022年6月12日、コロナの規制も緩和され三年ぶりに奥の谷で親子連れ一般参加者の田植えが、富田林の自然を守る市民運動協議会主催で開催された。コロナ禍の中の開催には、人数制限、事前予約で有ったが直ぐに予約人数も満員になった。又、6月11日が開催日で有ったが雨で順延になり、6月12日の開催になったが大勢の人々が参加され奥の谷も活気づきました。泥んこになりながらの田植えの状況の一部を紹介いたします。 2022.06.12 撮影 集合場所滝谷不動尊駐車場より親子連れ一般参加者がみかん小屋に集合。 本日植える、うるち米の田と苗。 一斉に足が膝当たりまで沈む泥んこの田に入り田植えが始まる。 みんなの頑張で大きな田んぼの田植えが終わりました。 働いた後は、昨年収穫したお米と里山で収穫した具材で炊いた昼食のカレーを美味しく頂き完食いたしました。 みかん小屋東側法面に咲いたササユリ。 長文最後まで見ていただき有り難うございました。 皆様が田植えしたお米が実り秋(10月)には稲刈り、稲こぎも実施されます、また、参加して下さいね。なお、個人の写真公開は了解を得ております。  2022.06.13 kusu