里山保全活動を再開

 


2021年10月1日、コロナの緊急事態宣言が解除されたが、コロナ禍の中、三密を避けて久しぶりに「大阪シニア自然カレッジ」の皆様が二班に分かれて、草ぼうぼうの畑の手入れや竹林の間伐を再開した。その状況の一部を紹介いたします。   2021.10.01 撮影




畑一面にひざまで伸びている雑草、ネコジャラシ(エノコログサ、イネ科)を手作業で草取をした、やっと畑の畝が顔をだした。久しぶりに土の匂いと頬良い汗もかいた。


間伐竹をチッパーにかけチップいしました。





昨年に間伐した竹林も春の竹の子が成長して竹になっているので、なるべく古い竹を間伐しております。
最後まで見ていただきありがとうございました。
個人の写真公開は了解を得ております。      2021.10.02  kusu



コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。