2022年度 奥の谷で「どんど焼き」開催。

 

2022年1月16日 本年もコロナ禍の中オミクロン株の急激な感染拡大の中、奥の谷で富田林の自然を守る市民運動協議会主催で「どんど焼き」が開催された。三密を避けるため参加者数の制限(30名以内)と餅つき大会が中止されたが、当日は穏やかな晴天の冬日和中で盛大に行われた。その状況の一部を紹介いたします。  2022.01.16 撮影

守る会田渕会長の挨拶と「どんど焼き」の説明が有った。
昨夜の冷え込みでみかん小屋の外に置いて有った石臼にかなり分厚い氷が張っていた。


みかん小屋の前の田んぼに、昨日から準備した「どんど焼き」のやぐら。

お正月のしめ縄や飾り等をどんどに貼り付けて焼却します。








みかん小屋の広場で、それぞれの思いをこめて書初め。







書初めやお正月のしめ縄や飾りをどんどのやぐらに貼り付ける。

本年のとら年の参加者がどんど焼きに点火。






「どんど焼き」が終わりました。その後、みかん小屋前の広場に集合。
















「どんど焼き」後密を避けながら、お雑煮等を頂きました。(美味しく頂き、全て完食。)
長文最後まで見ていただきありがとうございました。
個人の写真公開は了解を得ております。  2022.01.16 kusu

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

2021年末奥の谷の現況