DIYによる生き物池の道側65m以上の竹垣作り完成

 

2020年はコロナで始まりコロナで終わりそうです。富田林の自然を守るの会の行事も中止や縮小で盛り上りが欠けた一年で終わりそうです。奥の谷は猪が田畑を荒らし放題だったっが、最近コロナ禍の中三密を避けて猪の侵入防止柵作りを進めております。農道側はほぼ完成いたしました。その内「生き物池」の農道側の柵(65m以上)に竹垣を約一ヶ月掛けてやっと完成いたしましたので、その経過と一部を紹介いたします。 2020.11.15~12.16  撮影2





2020年11月21日 生き物池の竹柵前の猪進入防止金網柵、 撮影



2020年11月30日 撮影   26日より竹垣作り開始。



カーブしているので、横柵の竹は2m位で六割にしています。

シュロ縄は約30㎝に切り、全て素手で縛っていく。(手が痛く、指先がヒリヒリしてきた)
2020年12月02日 撮影





直線になると、約9mの孟宗竹で重いから山から引きずって運び、六割りの金具が使えないので、一本一本手作業で竹割と節落としを行った。(真っ直ぐに割れず苦労した。)



縦柵は、1mに玉切り(約40本)、八割の金具を使用、縦柵の竹はおよそ300本で全て、山より6m位に玉切りし一本一本担いで運んできた、八割した竹の節も一本一本斧で落した。









2020年12月15日 撮影  池の奥の方の入り口門が出来上がり。



2020年12月16日 撮影 下の入り口門ができました。やっと出来た!バンザイ。
長さ65m以上。シュロ縄 6巻 男結び600箇所以上。横柵竹 2m~4m 6本 6割。  9m、2本 6割。縦柵 1m 約40本玉切り 300本。 かぶせ竹 半割 2m~4m 3本   9m、1本。

長編を最後まで見ていただきありがとうございました。  2020.12.16  kusu

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。