喜志幼稚園児・富田林幼稚園児が奥の谷を訪問


 2022年4月19日、喜志幼稚園児と富田林幼稚園児が里山(奥の谷)を訪問いたしました。本日は両幼稚園共午前中だけなので、先に着いた富田林幼稚園児が「生き物の池」を説明、見学して、喜志幼稚園児と合流いたしました。時間が無いので、みかん小屋近辺を散策しこの季節に咲いている草花の説明を受けた。「富田林の自然を守る会」が活動している、炭焼き小屋の状況、シイタケ栽培やミツバチが活動しているミツバチ箱などを見学いたしました。その状況の一部を紹介いたします。

先に着いた富田林幼稚園児に田渕会長より挨拶と里山の説明を受ける。

生き物の池でメダカやオタマジャクシ等の生息する生き物や水草の説明を受ける。

喜志幼稚園児が到着し合流。

時間が無いので早速みかん小屋近辺を散策する。


果樹の丘の新緑。

みかん小屋前の田んぼのレンゲの花。(昨年秋に稲刈り後、種蒔したレンゲ)

野草一面にウマノアシガタの花。

手前はフキ。

野草ムラサキサギゴケとレンゲの花。


シイタケ栽培から果樹の丘へ。

ミツバチの説明と花が咲いている草木の説明。

富田林幼稚園児がバスが来るので帰路。



喜志幼稚園児もバスが来るので帰路。
本の短時間でみかん小屋近辺を急いでの散策であった。
最後まで見て頂きありがとうございました。
2022.04.19  kusu

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

2021年末奥の谷の現況