奥の谷の概要


富田林の自然を守る会は1989年6月自然保護を痛感する数名の有志によって設立し、1996年頃から奥の谷(彼方)を拠点に里山保全活動を開始した。最近はNICE(日本国際ワークキャンプセンター)の若者たちをはじめ、多くの人たちが里山保全活動に参加している。主な里山保全活動を大別すると、1.生態系保全活動:自然保護・生物多様性保全の活動。2.文化的活動:自然とふれあい自然の素晴らしさや自然を守ることの大切さを理解していただく機会となる活動。3.調査・提言活動:調査を通じて自然を保全するために何をなすべきかを考え、市民と行政との協働を模索する機会となる活動です。里山保全活動に興味又は体験したい方は是非参加して下さい。お待ちしております。なお、行事日程等は富田林の自然を守る会の公式ホームページをご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。