自然環境市民大学第17期の皆様が里山保全活動開始


2020年1月29日、自然環境市民大学第17期の皆様が奥の谷の現況を散策し「里山保全」の企画・運営を開始されました。その散策状況や活動場所等の一部を紹介します。2020.01.29撮影

里山から下流の状況説明。
 炭焼き小屋横。

 尾ね沿いの竹が浸食状況。


 人工林の状況。
 イノシシが掘り返したヌタ場。
 間伐材の皮むき現場。
 以下は里山保全活動の現場。







 10m四方に縄を張り保全活動現場を決定。
反省会等ミーティング。

2020年1月10日市民大学OBの里山保全活動。

チッパーする前の間伐竹置場。
山積みの間伐竹がみるみるうちにチップに早変わり。

新しく納入されたチッパー(パワーが大幅アップしています。)
UPS基金より竹林の保全活動の一環として2台も助成して頂きました。
UPSとは。ユナイテッド・ パーセル・サービス株式会社 (United Parcel Service Inc.) は世界で最も認知度の高い、また称賛されている企業の1 つとなりました。当社は世界最大のエクスプレス・キャリアー及び貨物配送会社であると同時に、特殊輸送、ロジスティックス、キャピタル、E コマースのリーディング・カンパニーでもあります。毎日、当社では世界 200以上の国と地域において、品物、資金、情報を運んでいます。(当社のホームページ文書一部適用)




間伐竹林の現場。


コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。