里山散策路の景観 Ⅰ

みはらし台からの眺め市内とPLの塔(西北)
市民大学の諸先輩やNISE(日本国際ワークキャンプセンター)の若者達が里山保全活動で開拓・整備された散策路から見た現況の一部を紹介します。
散策路の入口。






間伐竹が実施された孟宗竹林。


間伐竹が遅れている孟宗竹林。


太い孟宗竹林の間を通り抜ける。






みはらし台からの眺め市内とPLの塔(西北)

みはらし台からの眺め葛城山や佐備町方面(東北)
尾ねを南に進む。





手つかずの倒木台風の被害。


雑木林に孟宗竹が浸食。
一旦尾ねに沿って下山。
害虫により立ち枯れした大木(クヌギ等)。
ツルが大木に巻き付き木が立ち枯れしそう。


はちみつの箱
はちみつの箱にオオスズメバチが襲撃。

果樹の丘に到着。

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。