ミツバチ箱を回収して蜂蜜の採取


2020年2月6日(日)本年一番の寒波で有ったが、ミツバチグループ10名が女王蜂死亡のハチミツ箱を回収して蜂蜜を採取いたしました。又、その他の作業状況の一部を紹介します。2020.02.06 撮影
山本グループリーダーより本日の作業手順を説明。



ハチミの巣を密の部分を切り取り密を絞り出す。


 密を絞り出した残りの蜜蠟。
採取した蜂蜜(糖分83%の良質だそうです。)
良質の蜂蜜を参加者におすそ分け。
蜜蠟(蜂の巣を煮詰めて液体にする)を糸に付けたローソクの作品。
蜜蠟の残りを空缶に入れて蝋を造る。
作成していたハチミツの箱を焼き入れして、刻印する。
ハチミツ箱を管理・設置する為に・散策路の補修。
ハチミツグループの皆様、寒い中お疲れ様でした。
個人の写真公開はご了解を得ております。 kusu 2020.02.06



コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。