炭焼班の窯入れ、窯出しと作業小屋の棟上げ。

2020年02月15日は穏やかな一日で有った。自然を守る会の炭焼班は1月18日に窯入れした竹炭の窯出しと窯入れ、そして待望の作業小屋の棟上げを行った。なお、炭焼きは一週間程で出来上がるそうだが、当該班は原則月一回の活動の為に本日になった。その一部を紹介します。    2020.02.15 撮影 


密封した砂を取り除き炭の窯出し。

窯出しの竹炭。

松ぼっくりやドングリの炭。

炭窯に火入れ。

真っ黒な竹汁。(虫よけにいいらしい)
煙の色が変われば密封するみたい。


全て間伐材を使用した、4m四方、高さ3mの作業小屋の棟上げ。
本日参加者の集合写真。
個人の写真公開はご了解を得ております。2020.02.15 kusu

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。