奥の谷で「楽描の会」が縄文野焼きの作品作り


2020年3月20日、奥の谷で「楽描の会」(らくがきのかい)の皆様が今回の目的の一つ縄文土器・土偶の野焼きの準備のため粘土で作品を制作いたしました。その状況の一部を紹介します。          





それぞれのイメージを描き、粘土をこねこねして作品作り開始。




昼食は食事班がかまどで調理された、混ぜご飯を美味しく頂きました、大釜が完食。























見事な参加者が制作した作品の一部。




参加者が制作した作品。約一ヶ月程陰乾して野焼きされる、出来上がりが楽しみ。
なを、個人の写真公開はご了解を得ております。     2020.03.29 kusu

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。