稲こぎ(米作り体験)2020

 

2020年10月31日 彼方、奥の谷で「稲こぎ」が富田林の自然を守る市民運動協議会主催で開催された。コロナ禍の影響で一般参加者の人数制限が有、密を避けながら無事に終了した。本年は、コロナ禍の影響で「米作り体験」が中止や一般参加者の制限が有、盛り上りに欠けたが、早く新型コロナウイルスが収束し奥の谷が盛り上がることを願いたいものです。


コロナ禍の中、一般参加の家族連れがみかん小屋に集合中。
足漕ぎ雑穀機、(干した稲穂から「もみ」を剝ぎ取る人力機械)。
雑穀機で雑穀した「もみ」と蕨などを振るいに掛けて、もみを取出す。
唐箕(とうみ)、(中身の有るもみと中身の無いもみを振り分ける)。
稲こぎの準備完了。(左側足漕ぎ雑穀機・中央ふるい・右側唐箕。)
三密を避けて、稲こぎの説明を受けた。



足漕ぎ雑穀機はかなり重く足が疲れる。稲の束をしっかり持たなければもみが取れない。

竹でやぐらを作り、ふるいを吊り下げて、(もみ)と(わら)を振り分ける。

とうみで風を送りもみを振り分ける。

中身の有るもみを紙袋に入れて収穫。(もちもみ2.5袋、うるちもみ2袋)





昼食。薪で炊いたご飯(米は昨年収穫したお米)と大鍋で炊いた豚汁。美味しく頂き完食。
コロナ禍での中、今後も三密を避けて一般参加の催しが予定されております。公式ホームページに記載されていますので、参加をお待ちしております。  2020.11.02 kusu

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。