奥の谷 今度はモグラとの戦い 

 

2021年2月11日、富田林奥の谷でなんばる班(カレープロジェクトチーム)がコロナ禍の中三密を避けて、モグラによる水田の水漏れ防止のために、水田の畔に長さ約50㎝、四割した竹杭を約10m間隔で畔の幅直角にすきまなく杭打ちを行った。大変な作業だったが、モグラの侵入防止に効果有るか結果が楽しみです。その作業の一部を紹介いたします。 2021.02.11   撮影

  

孟宗竹を50㎝に玉切りして、四割の金具で竹を分割する。




子供達も重い掛谷を振り上げて、孟宗竹を四分割にお手伝い。



大量の竹杭の作業場




重いかけやをもち上げて畔道一杯にすきまなく竹杭を打ち込む。








大きな水田の畔道一杯の竹杭を打ち込んだ、これでモグラ退治出来るかな?



水田の水溜まりには、赤ガエルの卵があちらこちらに有り、温かくなればオタマジャクシが一杯見ることができます。
お手伝い疲れたので、帰りの移動は一輪車で、不安定なので怪我しないように気を付けて。


食後の休憩時間に、近くの人工林に行き、焚き火用のスギナを一輪車一杯に集めた。
最後まで見ていただきありがとうございました。
なお、個人の写真公開は了解を得ております。   2021.02.14 kusu

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。