間伐・倒木を利用し、DIYによるみかん小屋倉庫のリホーム

 

2021年1月17日から1月末まで、富田林自然を守る会の拠点奥の谷のみかん小屋倉庫をリホームいたしました。世話人や会員が施設整備班を中心に、コロナ禍の中三密を避け約半月かけて完成いたしましたので、その一部を紹介いたします。  2021.02.02 kusu





2021.01.17  撮影 倉庫内の道具や棚を移転し床を取り除く、床下は全て腐敗状態。


2021.01.18 撮影 床板等材料の一部。(年末に製材した木材)



2021.01.21 撮影 床束(支えの柱)、大引き(横柱)、根太(床板を貼る為の垂木)
全て水平にするのが大変だった。腐敗防止塗料を塗った、腰が痛くなった。

2021.01.28 撮影 床下一面に竹炭をまいて湿気防止、2.5㎝の床板を貼る。

2021.01.29 撮影  床板の寸法に合わせて製整、面取りも大変だった。



2021.01.29 撮影 床張りが完了。


2021.01.31 撮影 棚の設置、内装工事。




2021.01.31 撮影 みかん小屋入口横にも鍬立用の棚を設置。






2021.01.31 撮影  内装工事が完了。





2021.02.01 撮影  道具、器具等の収納の一部終了しました。.
長編を最後まで見ていただきありがとうございました。 2021.02.02 kusu


コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。