奥の谷の里山で三年連続野生のフクロウがふ化2021

 

2021年4月28日、奥の谷の里山に設置された巣箱でフクロウがふ化しました。当日、雨の中府大の先生や学生達のバンディング(鳥類標識調査)に参加させていただきました。三年連続の野生のフクロウのふ化で本年は三羽ふ化していたそうですが、大きな一羽は既に巣立ちしており、残りも間もなく巣立ちする二羽のひなを撮影させていただきました。世間はコロナ、コロナの毎日であるが、自然は止まらず身近な里山に野生のフクロウが生存しており、感動した二羽のひなの写真の一部を紹介いたします。少しでも癒しになれば幸いです。  2021.04.28 撮影


一羽目のフクロウ。


二羽目のフクロウ。






雨の中、濡れた倒木につかまり、少しの間、写真を撮影させて頂きました。
巣箱の調査状況、初めに竿の先にカメラをつけて巣箱内を調べる。








最後まで見ていただきありがとうございました。
昨年、一昨年の写真は昨年2020.04.24 にUPしております。 2021.04.28 kusu

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。