奥の谷全て間伐材を使用したDIY

 


コロナ禍で自然を守る会の公式行事も中止又は延期され行動範囲も制限される中、奥の谷の拠点みかん小屋周辺を 間伐材等を使用したDIYを三密を避けて少人数で自主活動を行っております。現在は薪小屋から道具小屋に変身しておりますのでその状況の一部を紹介いたします。 なお、今年は異例の早期梅雨入りですが、5月19日現在富田林市内某所で絶滅危惧種ヒメボタルが大量に発生しておりますので、静かに観賞されてはいかがでしょうか?    2021.05.21 kusu . . .

道具小屋、薪小屋から変身しております。  2021.05.01 撮影

変身前の薪小屋。   2020.09.30 撮影



外壁は厚さ10㎜の板を鎧壁にして、軒下に明かり取りの小窓を開けた。2021.05.01撮影




ドアは二ヵ所作り、取っては曲がった原木を使用した。 2021.05.02 撮影





DIYの為、里山で間伐した間伐材の製材。 2021.04.14 撮影




絶滅危惧種ヒメボタル本年も大量に発生しております、飛んでいる写真は難しい。2021.05.15 撮影
最後まで見ていただきありがとうございました。  2021.02.21 kusu


コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。