残暑厳しくコロナ禍の中、奥の谷の現況 2021.08

 


10月16日(土)コロナが収束されれば、一般参加の稲刈りが予定されています。

2021年8月、異常気象や残暑厳しく、コロナ緊急事態宣言が続く中、自然を守る会の拠点奥の谷において、コロナ禍の中、一般参加の行事も中止や縮小が余儀なくされているが、自然は止まることなく秋の収穫を迎えようとしております。現在の状況の一部を紹介するとともに、早くコロナが収束する事を願っております。  2021.08中  撮影

この木なんの木、気になる木。



昼間堂々と現れた野生のウリボウ。



果樹の丘で見つけた蜂の巣。


黒豆栽培、稲刈り時期には枝豆が食べられるかな。








秋には収穫できるかな。










長文最後まで見ていただきありがとうございました。
コロナ禍の中でコツコツと管理しております。たまには、三密を避けて里山の散策でもいかがですか。     2021.08.28 kusu





コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。