名古屋商科大学ワークキャンプ開催2021・9ー2(後半)

 

 2021年9月2日(木)~9月11日の期間、 コロナ緊急事態宣言が続く中、自然を守る会の拠点奥の谷において、参加者全員が(抗原検査)(PCR検査)を受けて「名古屋商科大学ワークキャンプ」が開催された。コロナ禍の中三密を避けて実施した後半の状況の一部を紹介いたします。      2021.09.07~09.11 撮影

9月7日 後半に入る前にキャンパー、スタッフ全員抗原検査を実施、全員陰性。






9月7日 人工林の間伐作業内容。(間伐、運搬、皮むき)
9月8日 人工林の間伐グループ集合写真。




9月7日 人工林の間伐、ハチミツ箱設置の説明、全員で昼食。


9月8日 本日はフリーデイで有ったが、間伐材を使用して全員でテーブルを制作した。


9月10日 人工林の間伐グループの活動。(皮むき現場,今回の成果)


9月10日 食事グループの薪割り活動。

9月11日 ワークキャンプ最終日。

キャンパー全員でサインした、メッセージボード。





総括ミーティング(全て英語での発表、ボードに貼付、私はどの様な会話の内容か解らない)。


最終日の昼食。

帰り支度と集合写真。お疲れ様でした。

コロナ禍の中、細心の注意を払い三密を避けて無事に終了致しました。
長文最後まで見ていただきありがとうございました。
個人の写真公開は了解を得ております。    2021.09.11  kusu



コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。