奥の谷で一般参加の稲刈りが開催された2021

 

2021年10月16日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言も解除され、コロナ禍の中『富田林の自然を守る市民運動協議会』(富田林の自然を守る会)主催、親子で体験できる行事として、奥の谷(里山)で久しぶりに「稲刈り」が開催されたました。本日は晴天の秋晴れの中、親子・孫連れ40名弱の参加者が有り無事終了いたしました。写真枚数が少し多くなりますが、その一部を紹介します。 2021.10.16 撮影

会長の挨拶と注意事項等の説明が有った。





稲穂が大きく、体がすっぽり隠れてしまっている。








午前中、うるち米田の稲刈りが終了致しました。



昼食は昨年収穫したお米を炊いて美味しく頂きました、完食。
畔で姉妹仲良く休憩。



うるち米田の稲を束寝て稲架干(はさほし)。(いねかけ、はさかけとも言う)?


農道横の水路で仲良く休憩。








もち米田の稲刈りも完了。

大変な長文最後まで見ていただきありがとうございました。

なお、個人の写真公開は了解を得ております。

また、11月6日(土)は【稲こぎ】を予定しております、多くの方々の参加をお待ちしております。      2021.11.16  kusu

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。