奥の谷に設置された巣箱の点検と移設

 

2021年10月28日 府大の先生と学生たちで、奥の谷の里山に設置された多数の巣箱の点検と移設が行われた。奥の谷の巣箱からは過去三年間連続で野生のフクロウがふ化して巣立ちました。また、ムササビも生息していおります。来年もフクロウがふ化することを願っております。巣箱の調査、点検の様子の一部を紹介いたします。  2021.10.28 撮影

田渕会長から挨拶と調査範囲の説明を受けた。



野鳥が生息しそうな里山を捜索。



大木に登り重い巣箱の設置状況。




高所に設置されている巣箱を一個ずつ登り点検調査されている。


2021年4月28日 撮影


2020年4月24日撮影


2019年5月17日 撮影
長文最後まで見ていただきありがとうございました。
来年もフクロウがふ化する事を願っております。 2021.10.28 kusu

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。