2022年 奥の谷で炭焼班となんばる班の活動始まる

 

2022年1月8日 コロナ禍の中オミクロン株が感染拡大しているが、奥の谷では三密を避けながら炭焼班の看板が出来た、窯入れの活動が始まり、又、なんばる班(カレーライス班)の芋炊き会が開催された。新年の奥の谷も徐々に活気が戻ってきました。その状況の一部を紹介いたします。


1月8日 炭焼班「炭焼き窯の構造と活動の様子」の立派な看板が出来たので、看板の設置と炭焼窯の火入れ作業等活動の一部を紹介いたします。


「炭焼き窯の構造と活動の様子」の看板を炭焼き小屋前に取付。
窯は二個有一方に窯の火入れ。
もう一方の窯から出来た竹炭を取り出し。


バックヤードの囲炉裏で暖を取る。(炭火で焼いた食べ物は格別に美味しい。)



1月8日 なんばる班(カレーライス班)の芋炊き会が開催された。その状況の一部を紹介いたします。
新年の挨拶と本日の行事予定を説明。

現状の畑等の見まわり。







みんなで一緒に芋炊きを美味しく頂きました。

昨年収穫したお米での赤飯。

殆どの材料は里山で収穫した芋炊き。

赤飯と芋炊きを美味しく頂きました。

長文最後まで見ていただきありがとうございました。
なお、個人の写真公開は了解を得ております。  2022.01.08 kusu

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

中野竹林の段丘上平坦地に散策路がほぼ完成。