2022 神戸大学ワークキャンプ開催。

 

2022年3月14日~25日、11泊12日の間、コロナ禍の中、又 昼夜の温度差が大きく体調管理の難しい中、三密を避け注意を払い「神戸大学ワークキャンプ」がNICE主催、富田林の自然を守る会協賛で開催された。なを、コロナウイルスの感染防止対策として開催前 と途中に抗原検査を実施し全員が陰性であった。キャンプ期間中のキャンパ-は 、1.食事準備と小屋生活の管理班。2.人工林の間伐班。3.観察路の補修班。の三班に分けてワークをローテ-ションで行った。長期間の為、同じワークを集約して、その様子の一部を紹介いたします。なお、NICEの島山様の写真を一部お借りしております。




みかん小屋生活の説明を受ける。
みかん小屋二階で「生物多様性と里山保全&奥の谷の四季」をプレセン。








里山の散策路を散策し説明を受ける。(宿泊するみかん小屋)

1.食事準備、(小屋生活の管理)班















1.(食事準備、)小屋生活の管理班





















ミツバチの話とクラフト。







3月18日 フリ-デイ 富田林寺内町見学。
富田林駅前

寺内町旧杉山家






きらめきファクトリー二階

2.人工林の間伐班



































3.観察路の補修班。











みかん小屋二階腰板のワーク。
























3月25日 後片付け、総括、解散。











キャンプ期間中,間伐や散策路を補修した人工林を通り過ぎて帰路につきました。



翌日(26日)は雨が降り滝谷公園の桜も開花して1日遅いがキャンパ-達を見送りました。
長期間キャンプで写真枚数も多く、整理も大変でした、前後する写真も有りますがご容赦ください。超超、長文最後まで見ていただきありがとうございました。
なお、個人の写真公開は了解を得ております。   2022.03.27   kusu

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

2021年末奥の谷の現況