2022年春、富田林奥の谷の山野の花と植物観察会

        田んぼ一面にハチミツ用に菜の花が満開。
2022年4月9日コロナ禍、小春日和の中で三密を避けて、富田林奥の谷の里山で春の「植物観察会」が富田林の自然を守る会市民運動協議会主催で開催された。みかん小屋まで約500mの里山で44種類の草木の花を観察出来た。その状況の一部と草花を紹介いたします。
      2022.04.07-09 撮影


滝谷不動尊集合場所参加する家族連れ。




一面の菜の花畑満開(ミツバチ用)

山裾に咲いている山桜。

柵に奥の谷で捕獲されたイノシシの皮が掛けられている。

山裾に咲いているモチツツジ。



田んぼ一面に咲いている西洋タンポポ(外来種)とレンゲ。




法面や畔はカンサイタンポポが多い。

わらび

ムラサキケマン

ネコメソウ

ミョウジョウハカマ

ヒメオドリコソウ

ムラサキサギゴケ

ノジスミレ

ゼンマイ

フキノトウ

アオキの花

カラタチの花

コバノミツバツツジ

スズメノテッポウ
みかん小屋前田んぼのレンゲ。

スモモの花?

草木の名前はなかなか難しいですね、間違っていたらお知らせください。
長文最後まで見ていただきありがとうございました。
奥の谷の新緑もまた、魅力的ですよ。   2022.04.12 kusu

コメント

このブログの人気の投稿

奥の谷の概要

2021年末奥の谷の現況