錦郡幼稚園園児が奥の谷を散歩

 


2023年2月22日 木枯らしが吹く寒い中、午前中短い時間で有ったが、錦郡幼稚園園児が奥の谷のみかん小屋を拠点に里山を散歩しました。錦郡幼稚園は園内でビオトープされており、里山の関心が高いです。本日は園内のビオトープでの出来事を絵にまとめて田渕先生に報告いたしました、残り滞在時間か少ない中、そいで、果樹の丘近辺を散歩いたしました。
その状況の一部を紹介いたします。   2023.02.22、23 撮影





里山途中の「生き物の池」に(ニホンアカガエル)の卵が多く見られた。

園児は大きく元気な声で、会長やスッタフに挨拶しました。

園児の代表が焚き火に火をつけました。



煙が高く上がり焚き火ができました。





園内のビオトープでの出来事を田渕先生に報告しまとめた資料を渡しました。

焚き火で少し温まり急いで果樹の丘近辺を散歩しました。

男子トイレ横の手水鉢。




炭焼き小屋。



椎茸栽培。

果樹の丘からの風景を眺める。
寒さ厳しい中、短時間で有ったがみんな元気で散歩いたしました。

長文最後まで見ていただきありがとうございました。 2023.02.23 kusu

コメント

このブログの人気の投稿

2023年 奥の谷の野生生き物写真集

奥の谷で手作業の稲刈りを開催 2023