2023年最後の里山保全作業と炭焼班の活動状況。

 

2023年12月1日 2日 師走に入ると急に寒波が到来し、奥の谷でも焚き火が恋しくなってきました。1日は「大阪シニア自然カレッジ」OBの(里山保全グループ)が本年最後の里山保全作業(さともり)を実施しました。2日は炭焼班が炭釜の修理が完了し窯の火入れと材料の竹の取込と後片付けを実施しました。その状況の一部お紹介します。 2023.12.01・02 撮影

12月1日 大阪シニア自然カレッジOBの里山保全作業の活動状況。

1.雑木林、土井林のさともり状況。

下刈りした後に不法投棄なのか粗大ゴミが大量に出土した。


下刈りしたささや間伐竹をチッパーで細かくチップにして整理。







「さともり」対象土井林の下刈りがほぼ完了して雑木林の林床が現れた。

2.畑手入れ。



畑手入れ、本日は里芋と水菜を収穫。



昼食時や休憩中はやはり「焚き火」を囲み離れづらくなります。

12月2日 炭焼班の作業の活動状況。

参加者の集合写真。




炭釜の修理が完了し窯の火入れ。





竹炭焼用原材料の竹で不要となった枝等をチッパーにかけてチップにして整理。

長文最後まで見ていただきありがとうございました。
なお、一部の写真は参加者が撮影された写真を借用しております。2023.12.05 kusu

コメント

このブログの人気の投稿

2023年 奥の谷の野生生き物写真集

奥の谷で手作業の稲刈りを開催 2023